Amazarashi – 穴を掘っている

这是一篇基于他人译文的脑补改译稿,在翻译准确性上可能并不尽如人意。在改译时参考了雷仔不是兄貴的译文,如若寻找更准确的译文可移步上述几处,在此对译者深表感谢。

转载请注明出处,请不要改变译稿内容。如翻译有疏漏烦请不吝赐教。

2016年10月24日

歌词下载点我 → Amazarashi – 穴を掘っている.lrc


穴を掘っている 【挖着洞】
Amazarashi

 

穴を掘っている 人生どこで間違えた
【不停不停地向地底下挖着洞 这般人生一定是在哪出错了】
穴を掘っている 自暴自棄にスコップを突き立てる
【不停不停地向地底下挖着洞 把铲子狠狠地插进自暴自弃】
風が唸る森 夜鷹なんかが鳴いちゃってさ
【森林深处风声正在高低呼啸 夜鹰随风声嘎嘎不停地啼叫】
まんまるな満月に 見張られてる25時
【满月在空中被风逐渐溜成圆 高高在上地监视着凌晨一时】

穴を掘っている あいつがとうとうしくじった
【不停不停地继续向下挖着洞 那个家伙到最后还是失败了】
穴を掘っている これが はみ出し者の落とし穴
【不停不停地向地底下挖着洞 这些全都是成功者们的圈套】
汗を拭っても 後悔までは拭えない
【人们可以拭去流下来的汗水 但又抹不掉堆积起来的后悔】
運の悪さだけは 勲章みたいに胸に張り付いてる
【最后只剩下一事无成的霉运 只能像勋章一般佩戴在胸前】
ぽかんと口を開けた闇に 幼い頃の幻想がちらつく
【张开大嘴等待吞噬的黑暗里 儿时经历的幻想正时隐时现】
親父がよく言っていた 「悪人も天国に行けるぜ」
【记忆深处父亲曾经如此说过 即使是恶人也能够前往天国】

だって神様も悪人 だって事はガキだって知ってるぜ
【因为神明在上他也同为恶人 这种事情连小孩都心领神会】
泣いても喚いても祈っても こんな世界に生れ落ちたのが証拠
【证据就是我们哭泣呼喊祈祷 最后还是会降生于这个世界】
人生そんなもんなのかもね 諦めは早けりゃ早い方がいい
【人生说到底就是这样一回事 还是趁早放弃才可算是上策】
僕は僕を諦めたぜ 生まれてすぐさま諦めたぜ
【我已经把我自己全部放弃了 从出生的那一刻起就放弃了】

穴を掘っている 友達だったあいつの為に
【不停地不停地向地下挖着洞 为了曾经是我朋友的那个他】
穴を掘っている もう動かない友達の為に
【不停不停地继续向下挖着洞 为了那位已不再动弹的朋友】
ランタンの灯りで 僕の影が悪魔みたい
【提灯在上照亮着这黑暗周围 照出我的影子如同一只恶魔】
この町の路上の 最期としてはよくある話
【在这条提灯照亮的街道之上 全都是司空见惯的常见事情】

なんとか切り抜けられたら 全て上手くいくはずだった
【千辛万苦好不容易突破重围 一切本该顺风顺水走向正轨】
親父がよく言っていた 「絶望を連れてくるのは希望」
【父亲总唠叨的话语再次回响 绝望总在希望之后接踵而来】

だって神様も悪人 希望を持たせるだけ持たせて
【因为神明在上他也同为恶人 总是不断地朝我们递来希望】
泣いても喚いても祈っても 最後に突き落とすのがその手口
【即使我们不断哭喊求告祈祷 还逃不过他落井下石的伎俩】
人生そんなもんなのかもね 諦めは早けりゃ早い方がいい
【人生说到底就是这样一回事 还是趁早放弃才可算是上策】
僕は僕を諦めたぜ 生まれてすぐさま諦めたぜ
【我已经把我自己全部放弃了 从出生的那一刻起就放弃了】

穴を掘っている 背中に銃を突きつけられて
【继续不停地朝地底下挖着洞 枪口现在正抵在我的后背上】
穴を掘っている 自分が入る穴を掘っている
【不停不停地朝地底下挖着洞 挖一个要把自己放进去的洞】
全くくだらない 一生だったな笑えるぜ
【一切一切全是这般无聊不堪 此番一生不过徒然引人发笑】
頭にくるぜ なんで僕ばっかり
この人生をバラバラにしちまう勢いで
【怒气难解不知为什么总是我 燃起将人生大卸八块的气势】
穴を掘っている 穴を掘っている
【不停不停地朝地底下挖着洞 继续不停地朝地底下挖着洞】
穴を掘っている 穴を掘っている
【不停地不停地向地下挖着洞 不停不停地继续向下挖着洞】

どうせ僕だって悪人 だって事はガキの頃から決まってた
【反正这样的我不过是个恶人 这些从出生时就已决定好了】
泣いても喚いても祈っても 生まれる場所までは選べないぜ
【哪怕是我哭泣呼喊祈祷不停 出生的场所也不会有所改变】
人生そんなもんなのかもね 諦めは早けりゃ早い方がいい
【人生说到底就是这样一回事 还是趁早放弃才可算是上策】
さもなきゃ 馬鹿な人間になってしまうぜ
その後に及んで諦めの悪い人間に
【不然之后就会变成一个傻瓜 最后就变成一个想不开的人】

諦めの悪い人間になってしまうぜ
【成一个想不清人间世事的人】

The end

目前尚无评论。